車の名義変更で必要な書類

車の名義変更で必要な書類について

一度の申し込みで複数の業者から査定が無料で受けられる

ズバットでさらに高額査定の可能性UP!

車の名義変更で必要な書類について

自分で自動車の売買や名義変更をしようと思ったとき、それはとても難しいことのように思います。
しかし、実は誰でも簡単に行うことができるのです。

 

内容としては、ただ、必要な書類を用意して、提出すれば良いのです。
それでは、必要な書類とはどういったものでしょうか。確認しておきましょう。

 

《車検証》
車検証がなければ自動車の売買は出来ません。まず、一番初めに、車検証を取る所からはじめなければなりません。

 

《自動車税納税証明書》
自分の所有している自動車の税金を、毎年払いますが、自動車税を支払った証明書が必要です。見つからない場合は再発行が可能ですので、手続きをして取得しましょう。

 

《自賠責保険証明書》
自賠責保険とは、一般的に言う、強制保険のことです。この証明書が自賠責保険証明書です。これはだいたいの場合、車検証と一緒に保管してあります。確認しましょう。

 

《印鑑証明》
印鑑証明は二通必要です。それは、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、新たに取得者となる人物の印鑑証明です。

 

《印鑑》
実印と認印の二つが必要です。

 

《自動車保管場所証明書(車庫証明書)》
これは、新たに車の所有者になる人物に対し、必要となります。その新たな所有者が、日常的に自動車を駐車する自宅、または、自宅近辺の場所の申請を行います。その許可がおりた場所の証明書が必要となります。

 

《譲渡証明書》
これは、陸運局で販売されています。この譲渡証明書を入手して、必要事項を記載します。

 

《委任状》
この委任状とは、新しく車の所有者となる人物と、旧所有者が同行して申請手続きを行う場合は必要ありません。しかい、どちらか片方だけが申請に出向く時には、行けない方の人物の委任状が必要となります。

 

《自動車税・自動車取得税申告書》
これも、陸運局にあり、自動車税事務所で用意されています。この用紙を取得して、必要事項を記載します。

 

《移転登録申請書》
これも、陸運局に置いてあります。この移転登録申請書に、指示通りに記載して提出します。

 

《手数料納付書》
これも、陸運局に置いてありますので、この手数料納付書に印紙を添付して提出します。

中古車の下取り価格を知るには最高のサービス!ズバット

少しでも高く買い取ってもらい、次の資金に充てたいものです。
この一括査定サービスはフォームに入力するだけで以下の査定業者を含め一括で無料査定を受けることができます。
大手買取業者が参加していますのであなたの車の正確な査定額がわかるでしょう。

今や一括査定は常識になりつつあるのでこういったサービスを上手く利用しない手は無いですよ。

ズバットに登録している自動車買取業者一覧
中古車買取り業者



ホーム RSS購読 サイトマップ