一時抹消登録で廃車にした車を復活させる方法

一時抹消登録で廃車にした車を復活させる方法

一度の申し込みで複数の業者から査定が無料で受けられる

ズバットでさらに高額査定の可能性UP!

一時抹消登録で廃車にした車を復活させる方法

あまり利用することはありませんが、『一時抹消登録』で車を廃車にした場合、復活させるにはどうしたらよいのでしょう。

 

主に年度末、自動車税がかからないように『一時抹消登録』した車に、もう一度乗ることになる場合が、まれにあったとしましょう。

 

そんなときには、復活させるための手続きをする必要があります。
その手続きとは、具体的に、どんな手続きなのでしょうか。

 

廃車にした車を復活させるためには、『中古車新規登録』を行う必要があります。
まずは、居住区の近くの警察署で、『自動車保管場所証明書』(車庫証明書)を発行してもらいましょう。

 

それから、申請に必要な書類を準備しましょう。
その必要書類とは、定期点検整備記録簿、自動車検査票、一時抹消登録証明書、自賠責証明書、自動車重量税納付書、申請書(OCRシート第1号様式)、手数料納付書など、たくさんの書類が必要となります。

 

運輸局、もしくは軽自動車検査協会で入手する書類もあります。
これは二度手間にならないように、予め抜けがないように確認しながら準備をしましょう。

 

車の所有者と使用者が同一の場合と異なる場合があるでしょう。
一時抹消登録時と所有者が違う場合では、必要となる書類が違ってきます。

 

また、これも大事なポイントですが、中古車新規登録をするためには、管轄となる陸運局に一度廃車にした車を持ち込まないといけません。
しかしここで問題となるのが、廃車にしてしまった車なので、その車では公道を走ることができません。

 

公道を走るためには、市区町村役場、もしくは、運輸局で仮ナンバーを申請しなければなりません。
そして、保険会社で自賠責保険に加入する必要があります。仮ナンバーの申請には、自賠責保険の証明書の原本が必要です。

 

保険会社に行ってから、市区町村役場、または、運輸局に行き証明書の原本を取得しましょう。
その上に、一時抹消登録証明書か自動車車検証も必要です。

 

仮ナンバーを取得できたら、陸運局(軽自動車なら軽自動車検査協会)に車を持ち込み、車検を受けます。
車検を受けることにより、定期点検整備記録簿と自動車検査票を発行してもらえるのです。

 

全ての書類を揃えて申請が滞りなく完了すれば、やっとナンバープレートが発行されます。
取り付けが終わると晴れて廃車にした車の復活です。
利用することは少ないでしょうが、手続きが複雑であるため、利用する際には確認を怠らないようにしましょう。

中古車の下取り価格を知るには最高のサービス!ズバット

少しでも高く買い取ってもらい、次の資金に充てたいものです。
この一括査定サービスはフォームに入力するだけで以下の査定業者を含め一括で無料査定を受けることができます。
大手買取業者が参加していますのであなたの車の正確な査定額がわかるでしょう。

今や一括査定は常識になりつつあるのでこういったサービスを上手く利用しない手は無いですよ。

ズバットに登録している自動車買取業者一覧
中古車買取り業者



ホーム RSS購読 サイトマップ